10 6月

リノベ済み購入後のリノベーションで理想の住まい

Posted in WORKS

 

仕事の関係上、街中の立地を優先に検討されていたお客様。
弊社のリノベーション済み物件“街と暮らす家”を気に入っていただき購入を決断されました。
話しをするにつれ、男性らしいスタイリッシュなデザインがお好みとのことで、リノベーションの設計プランのご提案をさせていただきました。
結果、より納得のいく住まいにしたいとの要望で再度工事をすることとなりました。

もともと2部屋だった洋室を、壁を取り払いひとつに繋げた広い寝室。
アイアンフレームのガラスパーティションにより、広い空間がさらに開放的になりました。
上部は開閉できるので、通気性も確保できます。

大型のソファが映える広いリビングは、もともとのウォークインクローゼットを取り払い、スペースを広げました。
リビングの正面には高級感のあるブラックのクロスを貼り、大きな壁掛けテレビを設置。
バーカウンター側の壁面にはタイルを貼り、まさに男の憧れという雰囲気のあるスペースとしました。

タイル貼りのシューズインクロークだった場所は、前後に二分割して、
片方をガラスのシューズ棚、片方をクローゼットとしました。
ブランド物の靴や洋服をただ収納するだけではなく、
ディスプレイとしても楽しめるよう、扉はあえて付けない仕様です。

好みやデザインのイメージ、譲れないこだわりがしっかりとあって、
それに合わせてご提案をさせていただきました。
部屋はたくさんいらないので大きなLDKに大きなソファ、寝室は大きなベッドを置きたいということで
間仕切壁を各所取り払って広々とした空間に。
リビングと寝室を一体に感じる大胆なアイアンフレームのガラスパーテーションが印象的です。
元の間取りも生かしつつ、がらっと雰囲気が変わり、
大胆でありながらスタイリッシュなお客様にぴったりな「男の家!」という感じに生まれ変わりました。

Before

Before-Before

 

 

 

 

 

 

9 5月

ギャラリーカフェCross Road

Posted in WORKS

 

ギャラリーカフェCross Road[クロスロード]

元々和食屋だった店舗をそのまま利用し5年ほど営業していた蔵王町遠刈田温泉にあるCross Road。
老朽化や使い勝手の不便さを解消するため、弊社にてリニューアルのプランづくりや施工をお手伝いさせていただきました。

厨房から一段下がった飲食スペースへの移動が不便だったり、
厨房から来客者が見えづらい等の問題を、飲食スペースとギャラリースペースを入れ替え、
一部壁や使用していない戸棚を取り払うことで解消しました。

 

 

 

 

宮城県内を中心に全国各地の作家さんのアート作品を展示しながら、
カフェスペースで食事も楽しめる自然豊かな古民家風ギャラリーカフェCross Road。
2017年3月30日にリニューアルオープンしました。

蔵王の雄大な自然に抱かれ、アートを楽しみながら美味しいコーヒーを味わいに出かけてみませんか。

 

 

刈田郡蔵王町遠刈田温泉字新地西裏山18-2
営業時間:10:00〜16:00
定休日:毎週 月・火・水 ※祝日の場合は営業

最新情報はfacebookにてご確認いただけます。
https://www.facebook.com/GyararikafeCrossRoad/

 

18 4月

住み継ぐ文化

Posted in WORKS

海外では中古住宅をリノベして住み継ぐ文化が当たり前のように根付いています。
長い海外勤務から国内へ戻り仙台で生活していましたが、
日本でも中古住宅をリノベーションする予定で物件探しをしていたお客様。
希望の場所と価格、プランを叶えられる物件が見つかり、理想の暮らしやすいプランのリノベーションとなりました。

 

 

 

 

厚みをおさえたカウンタートップがスリムな印象を与え、美しい家具の様に見えるこだわりのL字型キッチン。
見た目だけでなく機能性も重視した使いやすいグレードのものをチョイスいただきました。
バックボード中央のカウンターには間接照明も設置し、作業時の明かりを確保しつつキッチンのアクセントとしてムーディーに演出しています。さらにオーブンや炊飯器などの家電を全てバックボード収納の中に隠せる仕様となっております。

 

 

玄関やトイレ、バスルームからこの洗面所に入り、LDKへと抜けられる2WAYの洗面所。
2ボウル仕様の洗面台は2人同時に身支度をすることができ、忙しい朝でもゆとりがもてます。
毎日使う場所だからこそ、利便性と居心地の良さを両立した空間としました。

 

 

2つある洋室はまだ幼い姉妹2人のお部屋。今は片方を寝室、もうひとつを遊び場と分けていますが、
成長し勉強やプライベートで独立した部屋が欲しくなった時に分けて使用できるよう、扉も2つ付いております。
窓がない部屋でも真っ暗にならないよう、天井付近は明かり窓を設置しております。

 

 

お客様こだわりのハイグレードなキッチンを中心に、家族で使う共用スペースはゆったりとした空間設計に。
洗面所を通り抜けできることで生活動線、家事動線を上手く確保し、毎日使う水廻りだから使い勝手の良い設備をご提案。
永く使うものだから飽きが来ないようどんなインテリアにも合うシックな内装で、
シンプルで上質な空間にリノベーションすることができました。

 

 

 

 

 

 

Before

13 3月

街と暮らす家

Posted in WORKS

 

 


市街地へのアクセスが良好な”憧れの一番町暮らし”と、心地よく暮らせる住まいに生まれかわるビンテージマンションの一室。
流行に流されないデザインをコンセプトに日常の使いやすさにこだわったデザイン・設計。
余裕のある大容量の収納など、”暮らしやすさ”を追求した住まいです。

 

 

 

 

玄関から入ると、広さのある明るいエントランスが出迎えてくれます。
自転車やベビーカーも置ける広さなので、ストレスなく室内に出入りできます。
元々の洋室の窓をエントランスと廊下に取り込むことにより実現した快適な空間です。

 

 

 

タイル貼の土間で続くエントランスの扉を開けると大容量のシューズインクローク。
普段使いの靴から季節物の靴、またアウトドア用品や工具類など、多用途で使える容量を確保。
さらに奥の扉を開けると洗面脱衣室やトイレに続く廊下につながっており、日常の生活動線を考慮した設計となっております。

 

 

この物件には広いバルコニーが無いので、リビングとキッチンから続くインナーテラスを設置。
観葉植物の手入れや日曜大工を楽しんだりと、多目的に利用できる空間です。
南からの陽光がたっぷり入るこの空間は洗濯物を干せる空間としても利用できるよう、取外し可能な物干しを設置済みです。

 

 

 

 

 

 

“最上階で眺めの良いこの部屋は、きっと気持ちのいい空間になる”と、スケルトンの状態を見たとき感じていた想いが現実化しました。
LDKから玄関まで光と風が通り抜ける、上質な空間へとリノベーション。
マンションにありがちな玄関からまっすぐ伸びる廊下ではなく、回遊するシューズインクロークのある間取りが特徴です。
初めて足を踏み入れた古いマンションで「本当にこれが綺麗になるのか?」と、数少ない経験の中で不安に思ったのを今でも覚えています。
ゼロから出来上がっていく現場を目の当たりにし、“リノベーションの可能性”を感じられた事例となりました。

 

 

 

 

 

 

 

Before

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

28 2月

ノスタルジックな雰囲気が漂うモダンリノベ住宅

Posted in WORKS

 

新築、中古、戸建、マンションと住宅購入の選択肢には各々のメリットデメリットがあります。
N’s Create.主催の「リノベーション入居者様宅見学会」のイベントにて不安点を解消され、中古戸建を購入しリノベーションすることに。
和の要素を残しどこか懐かしい感じのする、縁側の似合う住まいという希望を叶えつつ、柱や梁の現しなど、戸建ならではの利点を活かし、
機能的で使いやすいノスタルジックなデザインの住まいへとリノベーションしました。

白とダークブラウンでまとめられた室内空間に自然に調和するシンプルな白いキッチン。
裏側にカウンターを造作することにより、キッチン作業スペースをより有効に利用することができたり、
簡単な飲食はカウンターだけで手軽に済ませることができます。

キッチンの後ろ側の3枚扉を開くと現れるのは、大容量のパントリー。
大きな米袋から普段使いの小さな調味料まで食料品をストックしておくことができます。
無印良品のユニットシェルフがぴったり収まるサイズで設計することにより、
棚や引き出しなどの増設が必要となった場合、ご自身で対応できる、将来的にも優れた仕様となっております。

建てられた当初から設置されていた階段は、玄関からの光も通す透かし階段。
物件紹介の段階でお客様も気に入っており、リビングを広く魅せる効果もあることから塗装し直して再利用。
あえて傷もそのままにして味を楽しむ仕上りとしました。

和の要素を残しつつどこか懐かしい感じのする縁側の似合う住まいという希望に合わせ、
内装材やデザイン、家具をコーディネートしていきました。
ヒアリングさせていただく中で、和風というキーワードにこだわらず、木の温かみや、家の持ち味を残した内装にしましょうとご提案させていただきました。
旦那様の“縁側の似合う懐かしさを感じる住まい”という想いをカタチにするため、味の出た階段周りをあえて残しプランニング。
ウォークインクローゼットやキッチン背面収納など、普段の整理整頓に困らないよう収納スペースも多く確保。
LDKとしては少し狭いスペースを少しでも広く感じる様に、階段も取り込み、廊下を無くしました。
天井も敢えて貼らず、天井高がしっかり取れた事で、床面積以上に開放感がある空間になりました。
広くなった分、断熱処理も施工、耐震工事や防蟻処理をすることでこの先も安心して長く住めるよう設計しました。
二階のお部屋やクロゼット、トイレは思い切ってお好きなクロスを選んでいただきました。

Before

10 2月

いまだかつてないリノベチーム

Posted in WORKS

 いまだかつてないリノベチーム

出会いから2ヶ月ちょっとでお引渡し。
「理想の自宅で年越しを迎えたい」この一言から始まった、かつてないほどのスピード感で走り抜けたリノベストーリー。
打合せを数回重ね、いつしかお客様の方から「俺たちはチームだ!」と嬉しいお言葉をいただきました。
それぞれの空間をインパクトのあるものに等の要望を、全体のデザインバランスを取りながら設計・施工、お客様と一緒に造り上げました。

広々としたLDKはキッチンを囲う対面スタイル、料理を得意とする旦那様のライブステージとなるスペース。
遠くに見える青葉山や街の灯りを独り占め。仙台の夜景を眺めながらの食事を楽しめます。
リビングは大型の扉でDKと仕切ることで、旦那様だけの空間へ。

各居室への動線である廊下。その廊下をひとつの空間としてノスタルジックな裏路地に見立てたプロローグスペースとしてデザイン。
裏路地の奥に進むと、真っ赤な美しさに魅せられるゲート(扉)。ゲートを開けるとまるで別世界のような上質なLDKへとつながっています。

玄関を入ってすぐのスペースは、扉を開けた瞬間のインパクトを重視。重厚な雰囲気で来訪者にサプライズできるようデザインし、旦那様が自ら購入してきたというアンティークの鏡がより一層空間を高めている。

10月末、「理想の自宅で年越しを迎えたい」この一言から始まり、とりまく全てを巻き込んだリノベーションが幕を開けました。
事前にお客様のイメージは有りながらも、出会ってから2週間で3回の打ち合わせと、着工まで毎日のメールのやり取り。
即決、即決で決まっていく内容を設計担当と一緒に案を出し合いながらながらひとつひとつ紡いでいきました。
いつの頃からか旦那様から「俺たちはチームだ!」との言葉をいただいた時はとても士気が上がりました。
チーム名は「team PLAT」。プラットフォームの意味合いからそれぞれの空間に軸をもたせ、そこから構築するプランとしました。

Before

2 2月

屋根裏に秘めた革新的空間

Posted in WORKS

屋根裏に秘めた革新的空間

天井高のある大きな吹き抜けのあるリビングや、階段を上ると現れる広いロフトスペース。
もともと天井裏収納だった空間がもたらした革新的リノベーションプロジェクト。
新築マンション購入と迷われましたが、“リノベーションの可能性”を充分に発揮できる本物件と出会い、プロジェクトがスタートしました。
理想の住まいへのご要望が多数ありましたが、予算内でポイントを絞ることで世界でたったひとつの心地よい空間が生まれました。

もともと小屋裏収納とは思えないほどの開放感があるロフトスペース。
ご要望の合った黒いアイアンフレームの階段を設置し、
収納用ではなくデイリーに使用できるスペースとして生まれ変わりました。
奥にはクローゼットと書斎スペースを配しフレキシブルに使用できます。

お客様から漆喰風の塗り壁が良いと要望がありましたが、予算の都合で叶えることができなかったため、
階段の側面にレンガを貼りました。
目地材をわざとラフに仕上げることで、ブルックリンの街角の外壁を連想させるラスティックな仕上がりとしました。

玄関はご趣味のDIYを楽しむスペースとして、
また散歩帰りの愛犬の世話で汚れても気にならない、掃除がしやすい土間に。
お子様が小さい間はベビーカーも置ける広いスペース。
本来なら段差無しでベランダに出れるよう高低差を設けたかったがこちらも予算の関係で断念しました。

「リノベーションするならこんな感じのスタイルがいい! こんな感じの素材を使いたい!」などなど、溢れんばかりのご要望をいただきました。
お客様の理想の住まいのイメージを十分に引き出し、可能な限り実現できるようバランス良くプランニングしました。
リビングの吹抜けとロフトの関係性を上手く組み合わせ、デザインにも時代の新しい息吹を取り込み作り込むことにより、より良い住まいへと変貌を遂げた革新的なリノベーションとなりました。

Before

27 1月

将来性も考慮したフレキシブルに可変する家

Posted in WORKS

 

お子様の成長とともに、お住まいの所有マンションが手狭になり、
「希望の広さの中古マンションを買ってリノベーション」か「自宅マンションをリノベーション」か迷っていらっしゃいました。
弊社で開催した物件見学会をきっかけに「自宅マンションをリノベーション」することを決意。
子供部屋はロフトベットを取り外すことにより、ひとつの空間となるよう将来性も考慮しています。
ユニット家具や食器収納、テレビボードは無印良品の物をご提案し統一感を出しました。

 

ご主人様やお子様がお持ちのたくさんの本。造作ではなくあえて無印良品のユニットシェルフを提案。使い勝手に応じてパーツが選べるユニットシェルフは、別なパーツの購入により将来のライフスタイルに合わせ自由に変化させることができます。

 

 

お子様がプライバシーも気にするお年頃になると、既製家具では問題を解決することが難しく、急きょ作る事になった造作のロフトベッド。上下互い違いになっており、将来お子様が自立されてもクロスの貼替のみでワンルームに戻せるよう、フローリングはワンルーム仕様としています。フローリングの張り替え無しで置き家具と同じような感覚で永らくお住まいいただけるよう工夫しました。

 

 

家族全員の洋服が収納できる大容量のウォークインクローゼット。バスルームやパウダールームとの相性も考慮、各ベッドルームのほぼ中央に配置することにより家族皆の生活動線を考慮した設計です。
他にも廊下の収納、洗面所の可動棚など、収納をしっかり配置することによりストレス無く生活できる配慮をしています。

 

 

 

奥様がセレクトしたブルーとグリーンのカラーをベースに、エントランスの天窓の仕上げを空をイメージした青に。
パントリーは黄緑色の仕上げとし、空間のアクセントとしました。
天窓の円、壁面の曲面、パントリーのアーチ曲線をポイントとして取り入れることで温かみのある柔らかな空間に設計。
無印良品等の家具と調和が取れ、自然でやわらかな雰囲気になるよう、お客様の意見を聞きながらコーディネートしました。

 

 

 

 

 

 before

0360_s 0366_s 0369_s

 

 

20 12月

住み継ぐ文化

Posted in NEWS, WORKS

 

海外では中古住宅をリノベして住み継ぐ文化が当たり前のように根付いています。
長い海外勤務から国内へ戻り仙台で生活していましたが、
日本でも中古住宅をリノベーションする予定で物件探しをしていたお客様。
リノベーション物件の見学で、弊社リノベーションモデルルームへご来場いただきました。

物件探しも含め、約1年前からご相談いただいていましたが、なかなか希望に合う物件が見つからず苦戦。
いくつもご紹介させていただいた中から、ようやく希望の場所と価格、プランを叶えられる物件をご紹介させていただき、
ご契約することとなりました。
キッチン中心の暮らしやすいプランにこだわったお客様。
デザインは対面キッチンのイメージに合うようシックなテイストに。
あれこれと提案させていただき、ようやく着工となりました。

物件ご紹介から資金計画プランニング、リノベ設計・施工とワンストップで携わらせていただきました。

 

 

 

スケルトン

 

 

Before

15 12月

念願叶ったニューヨークスタイルの一戸建てリノベーション

Posted in WORKS

 

新築マンションから一戸建てへの住替えを希望していらしたお客様。
仙台の希望エリアのリフォーム済み中古戸建を見つけ、弊社にリノベーション工事のご依頼をいただきました。
綺麗にリフォームされていましたが、一部解体と仕上げの工事をしましてのお引渡しとなりました。
インダストリアルすぎず、上品で大人な空間に仕上げ、 念願だったニューヨークスタイルのお住まいを実現しました。

 

新品未使用のキッチンも背面のキャビネットを残し解体。
新しくフラットタイプのオープンキッチンを設置。
無垢のあたたかい表情が上品さを演出している収納扉は、モダンホノルルをイメージした室内にぴったり。
キャビネット天板は黒いものに交換、壁面にサブウェイタイルを貼り、キッチン全体をニューヨークテイストにまとめました。

 

 

 

 

Before

After

Before

After

Before

After

Before

After

屋根の勾配で天井が斜めになっている部屋は、ピンクとホワイトを基調としたパリジェンヌ気分を味わえる可愛らしい小部屋をイメージ。
入居後に楽しげな家具をチョイスしていただき、まるでメリーゴーランドのような楽しい空間となるよう工夫しました。
壁面にはより採光が取れるよう、もともと何もなかった階段との間の壁面に窓を設けました。

 

Before

After

主寝室は落ち着きのあるブルーで塗装し調光ダウンライトを設置。
色鮮やかな変化のあるアクセントウォールを楽しむことができます。
引き戸を開けるとフリールームとひと続きになる、開放感たっぷりな空間となります。
ウォークインクローゼットの扉はルーバータイプに、天井にはシェルシャンデリアを吊るして、ハワイアンリゾート風の部屋に仕上げました。

 

Before

After

Before

After

Before

After


 

 

今回はリフォーム済み物件だったためBefore→Afterを並べて表示しました。