Vintage modern renovation

ビンテージモダンリノベーション

 

 

無事お引渡しも終えたS様邸。
いよいよ竣工写真を公開します。

 

Outline

  • 所在:仙台市青葉区一番町
  • 構造・規模:SRC造12階建6階部分
  • 竣工年:昭和56年12月
  • 総戸数:46戸
  • 設計・施工:株式会社N’s Create.

 

 

9173_s

玄関を開けるとタイル貼りの床。
正面にはレトロなガラスの扉と丸い窓ガラス。

9153_s9152_s

引戸を開けるとタイル貼りが続くゲストルームが出現。

9146_s9149_s9246_s

引戸を閉めた内側は収納になっており、棚の上部はディスプレイスペースとして利用できます。

9066_s

タイル貼りの廊下を進んだ隣のスペースはリビングダイニングキッチン。
格子の引戸を開けると、ダイニングキッチンがお目見え。
まるで料亭のような雰囲気を醸し出している格調高い空間です。

9075_s

キッチンはステンレス製の壁固定式で、脚が無いのでシンク下のレイアウトが自由自在。

9080_s

キッチンからつながるリビング。
無垢の床材を使用しぬくもり感、プレミアム感を演出。
9091_s9084_s9083_s

風情ある既存サッシも再利用し、塗装により全体の雰囲気にマッチさせました。9062_s

エントランスから続くランドリースペース。
正面にはお施主さん希望の昭和を感じさせる、キレイな藍色のタイル貼りの洗面脱衣室、トイレ、バスルームが。

9054_s

入室して度肝を抜くのがバス〜洗面室〜トイレまでの一体感のある空間。

9055_s

仕切ってしまうとどうしても狭く見えてしまう水廻りスペース。
少しでも広く気持ちよく使っていただけるよう、N’s Create.からご提案させていただきました。

9060_s9057_s

9102_s9139_s

 

細かなディテールのデザインに暮らしやすさをプラスした、
N’s Create.ならではの住まいが完成しました。

今回は寝室は手を付けず、それ以外全てをスケルトンにしてからの施工でした。

 

 

シャンボール一番町602

Before

be 

 

 

 

 

 

 


2016.4.1

 

本日はタイル貼りの工程でしたので取材してまいりました。
キッチンのタイルは終了していて床のタイルを貼っている作業中でした。

 

8505_s8509_s

 

キッチンの物はビンテージ風のシックな物をセレクト。
まだ全容は見えませんが、いい感じの雰囲気がギンギン感じられます。

 

8511_s

 

床の方は施工する面積も広いので淡々と作業が進んでいきます。

 

8515_s

 

洗面脱衣所やバスルームもタイル貼りです。
この辺りも見どころとなりそうな予感ですね。

 

8520_s

 

最後に玄関を入ってすぐのお部屋。
ビジタールームとして利用するそうなのですが、ガラス格子の扉と、
何と言ってもこの円形の窓がこの物件のシンボル的な存在となることでしょう。

 

約2週間後のお引渡しを予定しております。
今回の取材でますます期待が膨らみました。

 

 

 


2016.3.13

 

先週の作業ですが、墨出し現場を取材してまいりました。

墨出しとは住宅を施工する際の基準となる直線を引く作業です。
現代では墨出し器を使用することにで、より水平・垂直が楽に出すことができます。

墨出し器はまるでSTAR WARSに登場するキャラクターのような外観をしております。

 

8256_s8252_s8260_s

 

永く住まわれますので、歪みや変形の無いよう慎重に作業を進めていきます。

今週から慌ただしく工事作業に入ります。

 

 


 

2016.3.3

 

弊社にお問い合わせいただいてから打合せを重ねること約4ヶ月。
プランをすり合わせすり合わせ、ようやく工事が始まりました。

一番町に建つサンモール一番町アーケードの目と鼻の先の自宅マンションの一室。

「レトロ感」や「ビンテージ」という言葉がよく似合う、施主のS様。
“味わいのある既存の格子窓をあえて残したい”
“レトロな家具やディスプレイに馴染む仕上げ材の選択”
など、S様の住まいへのこだわりがふつふつと感じられ、
弊社もそれに応えるべく“和風でありながらフレンチ風”のプランをご提案させていただきました。

今回は既存のBeforeとスケルトンを撮影してまいりましたので公開いたします。

 

 

 

スケルトン

 

IMG_8165IMG_8178IMG_8168

 

 

Before

IMG_7565IMG_7548IMG_7544

 

 

内装がかなり凝ったデザインになりそうで、これからかなり期待しております。
完成は4月を予定しております。

 

8188_s

 

“これぞリノベーション”の醍醐味!というくらい期待のお仕事となりそうです。

また進捗をご報告したいと思います。