将来性も考慮したフレキシブルに可変する家

 

 

お子様の成長とともに、お住まいの所有マンションが手狭になり、
「希望の広さの中古マンションを買ってリノベーション」か「自宅マンションをリノベーション」か迷っていらっしゃいました。
弊社で開催した物件見学会をきっかけに「自宅マンションをリノベーション」することを決意。
子供部屋はロフトベットを取り外すことにより、ひとつの空間となるよう将来性も考慮しています。
ユニット家具や食器収納、テレビボードは無印良品の物をご提案し統一感を出しました。

 

ご主人様やお子様がお持ちのたくさんの本。造作ではなくあえて無印良品のユニットシェルフを提案。使い勝手に応じてパーツが選べるユニットシェルフは、別なパーツの購入により将来のライフスタイルに合わせ自由に変化させることができます。

 

 

お子様がプライバシーも気にするお年頃になると、既製家具では問題を解決することが難しく、急きょ作る事になった造作のロフトベッド。上下互い違いになっており、将来お子様が自立されてもクロスの貼替のみでワンルームに戻せるよう、フローリングはワンルーム仕様としています。フローリングの張り替え無しで置き家具と同じような感覚で永らくお住まいいただけるよう工夫しました。

 

 

家族全員の洋服が収納できる大容量のウォークインクローゼット。バスルームやパウダールームとの相性も考慮、各ベッドルームのほぼ中央に配置することにより家族皆の生活動線を考慮した設計です。
他にも廊下の収納、洗面所の可動棚など、収納をしっかり配置することによりストレス無く生活できる配慮をしています。

 

 

 

奥様がセレクトしたブルーとグリーンのカラーをベースに、エントランスの天窓の仕上げを空をイメージした青に。
パントリーは黄緑色の仕上げとし、空間のアクセントとしました。
天窓の円、壁面の曲面、パントリーのアーチ曲線をポイントとして取り入れることで温かみのある柔らかな空間に設計。
無印良品等の家具と調和が取れ、自然でやわらかな雰囲気になるよう、お客様の意見を聞きながらコーディネートしました。

 

 

 

 

 

 before

0360_s 0366_s 0369_s

 

 

 

 

 


2016.11.10

 

 

Print

太白区向山T様邸

家族構成はご夫婦とお子様2人の4人家族。
お子様の成長とともに、お住いの所有マンションが手狭になり、
「希望の広さの中古マンションを買ってリノベーション」か「自宅マンションをリノベーション」か迷っていらっしゃいました。

ある日、弊社の物件見学会に参加され色々と相談しながら整理していくと、
「自宅マンションをリノベーション」で希望の住まいを手に入れられるという結論にたどり着きました。

後日、弊社にて設計担当者も交えての打合せが始まり、
現在のご家族のライフスタイルや将来お子様の独立後を考慮した
「可変する住まいのリノベーション」をご提案させていただきました。

自宅をリノベーションするには住まいながらの工事は難しく、仮住まいが必要となります。
仮住まいも弊社で手配させていただき、コンサルティングからリノベーションプランの提案、仮住まいの手配、リノベーション工事と
スムーズにリノベーションワンストップサービスをご提供させていただきました。

現在では仮住まいへの引越しも終わり解体、壁建て工事へと工程を順調に進んでおります。

 

 

 

スケルトン

0435_s

0428_s

0433_s

 before

0360_s

0366_s

0369_s