ノスタルジックな雰囲気が漂うモダンリノベ住宅

 

新築、中古、戸建、マンションと住宅購入の選択肢には各々のメリットデメリットがあります。
N’s Create.主催の「リノベーション入居者様宅見学会」のイベントにて不安点を解消され、中古戸建を購入しリノベーションすることに。
和の要素を残しどこか懐かしい感じのする、縁側の似合う住まいという希望を叶えつつ、柱や梁の現しなど、戸建ならではの利点を活かし、
機能的で使いやすいノスタルジックなデザインの住まいへとリノベーションしました。

 

白とダークブラウンでまとめられた室内空間に自然に調和するシンプルな白いキッチン。
裏側にカウンターを造作することにより、キッチン作業スペースをより有効に利用することができたり、
簡単な飲食はカウンターだけで手軽に済ませることができます。

 

キッチンの後ろ側の3枚扉を開くと現れるのは、大容量のパントリー。
大きな米袋から普段使いの小さな調味料まで食料品をストックしておくことができます。
無印良品のユニットシェルフがぴったり収まるサイズで設計することにより、
棚や引き出しなどの増設が必要となった場合、ご自身で対応できる、将来的にも優れた仕様となっております。

 

 

建てられた当初から設置されていた階段は、玄関からの光も通す透かし階段。
物件紹介の段階でお客様も気に入っており、リビングを広く魅せる効果もあることから塗装し直して再利用。
あえて傷もそのままにして味を楽しむ仕上りとしました。

 

 

 

 

 

和の要素を残しつつどこか懐かしい感じのする縁側の似合う住まいという希望に合わせ、
内装材やデザイン、家具をコーディネートしていきました。
ヒアリングさせていただく中で、和風というキーワードにこだわらず、木の温かみや、家の持ち味を残した内装にしましょうとご提案させていただきました。
旦那様の“縁側の似合う懐かしさを感じる住まい”という想いをカタチにするため、味の出た階段周りをあえて残しプランニング。
ウォークインクローゼットやキッチン背面収納など、普段の整理整頓に困らないよう収納スペースも多く確保。
LDKとしては少し狭いスペースを少しでも広く感じる様に、階段も取り込み、廊下を無くしました。
天井も敢えて貼らず、天井高がしっかり取れた事で、床面積以上に開放感がある空間になりました。
広くなった分、断熱処理も施工、耐震工事や防蟻処理をすることでこの先も安心して長く住めるよう設計しました。
二階のお部屋やクロゼット、トイレは思い切ってお好きなクロスを選んでいただきました。

 

 

 

Before