エリア重視の大胆リノベーション

 

立地・環境を重視した場合、エリアによってはなかなか希望に合う物件が見つかりません。
実際に物件探しをしてみると、“リノベーション済み”や“リフォーム済み”ばかり。
そこで「他社にてフルリフォームした物件を解体してリノベーションしましょう」とご提案。
水廻りの位置を入れ替えることで回遊性のある、家事動線に優れたプランにリノベーションしました。

 

 

広くなった玄関は、既存の窓も利用することにより、暗くなりがちな玄関も明るくゆったりとしたスペースとなりました。
また、ハシゴに板を渡したようなデザインがスタイリッシュな、シューズラックを設置。毎日の靴選びも楽しくなりそうです。
タイル貼りの土間にすることにより、自転車やアウトドアグッズ等の外で使用するアイテムも、汚れを気にせず収納できます。

 

 

リビングの南側のバルコニー側はタイルを貼り、インナーバルコニー風に使える仕様としました。
観葉植物を置いても映えるこのタイル貼りのスペースは、水やり時に多少水がこぼれても気になりません。
また、窓を開ければバルコニーとリビングが繋がったように感じられ、
南面の陽光をいっぱい受けられる、気持ちのよいスペースが生まれます。

 

 

大容量のウォークインクローゼットは家族皆の荷物を収納できる他、
リビング、ベッドルーム、ウォークインクローゼット、洗面脱衣所とぐるっと回遊できる動線が魅力的です。
ウォークインクローゼットの棚板は上下移動や後付が可能なので、収納計画に困りません。

 

 

 

 

ご家族の個室の確保と家事のしやすい動線計画をベースにプランニング。
素材や色は限りなくシンプルな色の構成とすることで、今後インテリアを選ぶ楽しみを残した「余白のある家」を提案致しました。
家事動線が確保できるような回遊性が欲しいとの希望を考慮し、水廻りの位置を入れ替えることでベッドルーム、パントリー、洗面所と
連続させ回遊性を高める提案をいたしました。
また、シンプルな中にも素材感・色味を変えてこだわりの場所にしていくこと目標に、
5種類の異なるタイルで各部屋を構成し、お施主様のこだわりが随所に散りばめられました。

Before